カプセルトイの選び方

現在では、ファミリーレストランや玩具店のみならず、カフェテリアやマンガ喫茶、スポーツ店など、さまざまな場所にガチャガチャが設置されているのが実情です。そのような状況の中で、ガチャガチャのターゲットとなる顧客層は、広がりを見せて来ています。

そのようにして、ガチャガチャのターゲット顧客層が決まったら、それに見合ったカプセルトイ(カプセルに入っている景品)を決めるステップへと進みましょう。また、対象となる児童の性別によっても、カプセルトイの選び方に違いが生じて来ることとなります。

そのように考えて来ると、ガチャガチャの導入に際しては、カプセルトイの選び方が非常に重要な意味合いを持ってくることをご理解頂けるでしょう。例えば、カプセルトイの内容を、同じ性別の児童を対象としたものばかりで統一してしまうと、異なる性別の子どもが連れだって来店し、ガチャガチャを利用しようとした時、ケンカになってしまうこともあり得ます。また、カプセルトイの中には、子どものみならず、大人でも楽しめるようなものが登場して来ています。その種の景品を選んで、幅広い顧客層をターゲットとすれば、さらに高い集客効果を見込むことも可能になります。

サイズや台数等の問題

ガチャガチャを導入するに際して、本体のサイズは、設置することのできるスペースの広さや、設置する台数に応じて、適切なものを選択することが大切です。

事後のトラブルを回避するために、ガチャガチャ本体を設置するスペースは、前もって確保しておくことをおすすめします。ガチャガチャの場合、基本的には電力を必要としないため、コンセントなどの無い場所でも問題なく設置することが可能です。

また、ガチャガチャ本体の導入に際しては、何台設置するかという問題もあります。こちらも後のトラブルを避けるため、あらかじめ決めておくと良いでしょう。ガチャガチャの中でも、店頭に設置する商品の場合、上下2段式のものが現在の主流となっています。設置台数が多ければ多いほど、外見的には豪華になりますが、設置スペースの問題もあります。そういった事情を踏まえると、初めに設置する場所を決め、そのスペースに何台収まるかを逆算し、実際に導入する台数を決定するのも良い方法と言えます。

次に、ターゲットとなる顧客層を事前に決めておくことは、マーケティングの基本です。ガチャガチャの場合、メインターゲットとなる顧客が子どもであることは間違いありません。

ガチャガチャの導入

店舗のオーナーにとって、客数を増やすことは切実な課題です。そのための方法として有効活用することのできるのが、ガチャガチャ本体の導入になります。

ガチャの本体価格には、一般の相場があるので、それを理解し、各々の用途に見合った商品を選択することが大切です。また、基本的に、本体と空カプセル、カプセルトイ、設置スペースの4つを用意すれば、設置後すぐに運営を開始することが可能になります。

また、本体を選ぶにあたっては、本体サイズ、使用できる硬貨、価格設定の幅、対応するカプセルのサイズがチェックポイントとなります。特に、本体のサイズは、設置可能か否かという問題に直接関係するので、あらかじめきちんと確認しておくことが大事です。設置するスペースや台数により、本体のサイズは変わりますが、電源を必要とせず、コンセントなどの場所の制約を受けないのはガチャガチャのメリットと言えます。また、店舗設置型のガチャガチャで、現在主流となっているのは、上下2段式の商品です。

そして、ガチャガチャの導入に際して、非常に重要となるのが、マーケティングの基本であるターゲット顧客層の決定です。狙う客層によって、カプセルトイの内容が変わって来ます。

当サイトでは、ガチャガチャの導入をお考えの方のために、役に立つ情報をいろいろとお届けしてまいります。これからご提供する情報をチェックして、実生活で役立てて頂ければ嬉しく思います。